司法書士の資格

司法書士は難関資格の一つと言われています。

また制限付きではあるものの、代理権が与えられたということで仕事の幅も広がりました。

弁護士よりも敷居が低く、また報酬も低く抑えられる傾向にあるので、身近な法律家というニーズが高まってきました。

主な業務としては「不動産登記」「商業登記」「遺言・相続アドバイス」「供託手続」「成年後見制度の後見人」「簡易裁判での代理権」「法律相談」などです。

弁護士であれば報酬が高くなってしまう場合にも、司法書士であればもっとリーズナブルということもありますし、弁護士事務所が司法書士を雇い入れているということも多々見られます。

弁護士には弁護士しか出来ない仕事をさせるという意図もあると思います。

ハローワークなどを見てもわかりますが、司法書士の有資格者のニーズは案外多いものです。

また実務経験者よりも有資格者を優遇するという傾向もありますので、派遣や就職、転職などでは有利な資格ということになるでしょう。

独立を目指して

司法書士の資格を持っていることで求職には有利となりますが、特別お給料が高いというものでもないようです。

また司法書士事務所は保険加入の義務がありません。

雇用保険や健康保険などが未加入の事務所も多いものです。

なので「経験を積みたい」ということであれば、派遣社員として働いていたほうが安定するという話も聞かれます。

難関資格であるということからも、「開業のほうがウマミがある」と言われる資格です。

しかし全く未経験者がいきなり開業するというのも危険な話。下積みが必要なのです。

弁護士も「イソ弁」の間に修行をしますよね。

その間は大変経済的にはウマミがないもののようです。

修行中は派遣などで経験をつむというのは、経済的にも経験としても大変有意義だということです。

ひとつの会社ではなく、「得意分野」が司法書士事務所毎にあります。

例えば借金問題に詳しい司法書士事務者や、登記の詳しい、少額訴訟が得意など様々です。

弁護士に依頼するか司法書士に依頼するかは、事件の難易度などによりますが、「どっちでもいい」というときに司法書士を選択する人が多いのは事実です。

様々な経験をして「なにが自分には向いているか」というのを考えてみるのも、ひとつの手段だと思われます。