通関士の資格

貿易事務のエキスパートであるということを、客観的に判断してもらえる材料となるのが通関士の資格です。

いま貿易事務というのはニーズの多い業務の一つと言われています。

通関手続きの代行や提出書類の作成を行う事ができる人だということですね。

通関業者では、原則として営業所ごとに1人以上は通関士資格も有しているものを配置しなくてはなりません。

「通関士の資格」が求人条件になっていることもあるほどです。

通関士の資格を持つことで活躍できる可能性が高い職場としては、通関業者、商社・貿易会社、百貨店・メーカーなどが見られます。

また自分自身が行う個人輸入などにもこの知識が生かされます。

しかしこの資格も年々有資格者が増えてきました。

貿易事務の求人に「TOEIC600以上」という条件が付けられていることもあります。

「通関士の資格を持っている」ということは就職などに大変有利な資格であることは間違いないのですが、「プラスアルファ」を持っていることで、更にアピールすることが出来るようになります。

通関士資格になにを合わせ持つか

貿易事務の募集には、通関士資格の有無や経験の有無も問わない企業も多く存在します。

輸出入に関わる法律や通関、船積、外国為替などの専門的な知識があることは認めてもらえる機会がおおいので、通関士の資格を持っていると経験の有無が問われていない求人を勝ち取る可能性は格段にあがることでしょう。

貿易・国際事務で発生する業務のほとんどは、定型文書の作成や

?

Correspondence(通称コレポン)のやり取りになります、

そういったことから「TOEIC600程度」の英語力は必要と言われていますが、言葉でのコミュニケーションなどはあまり発生することがありません。

そう言った面から、英語以外の語学の知識があることは、かなりの武器になり得ます。

英語の語学力を持っている人というのはTOEIC600以上であれば、そこそこ沢山います。

近頃ではひとつの資格ではなく、それを活かすための資格を合わせ持つ、また技術を取得するということでチャンスを掴むきっかけにしています。

英語以外の語学に眼を向けるのは、通関士資格を派遣などで最大限に活かすことになっているようです。

更にスキルアップすれば、貿易コンサルタントといった職業につく、また独立するという夢も広がります。