行政書士の資格【1】

行政書士の仕事は「身近な街の法律家」という立場で、弁護士よりも敷居が低く、相談しやすいようにと近頃では仕事の幅も広げられました。

もとからのよく知られて仕事内容は会社設立の手続や、飲食店の営業許可申請といった、行政のへの手続きに関わる書類作成や提出代理などです。

近頃では経営の相談やコンサルティング業務など求められる場合もあるようですね。

また行政書士法の法改正に伴い「代理権」も与えられました。

とはいえこれを弁護士から「代理権の過大解釈」と指摘されていますので、今後どうなるかはわかりません。

「もっと範囲が広がるのでは?」という期待を寄せるのは、「判断が甘すぎる」と個人的には思っています。

代理権がなかった時代にはたとえ許認可申請であっても、依頼者に無断でその内容を手直しすることすら許されてはいませんでした。

しかし今ではこの代理権のおかげで「その場で訂正する」といったことが出来るようになっているのです。

同じフィールドを弁護士と行政書士の両方で喰い合うという状況は、貧富の差という言い方が適切かどうかはわかりませんが、「食うに困っている弁護士」がいるのも事実ですし、それは行政書士とて同じです。

ですからその「住み分け」で争うことになるのは必然です。

派遣リクナビ

大きな期待はできなくとも

弁護士が忙しくて行えない業務、または弁護士では報酬が高くなりすぎてしまう業務などに関して、行政書士の出る幕があると考えるのが一般的です。

なので弁護士事務所などに所属している行政書士などもいますよね。

行政書士の資格は「難しい」とされているもののひとつですが、司法書士よりも比較的取りやすく、弁護士の資格は比べ物にならないぐらい難しいのです。

これを考えれば、与えられている仕事の範囲がその難しさの順に沿っていると考えたほうがいいでしょう。

カバチタレなどで「行政書士の業務範囲」は誤解されているフシもありますが、カバチタレの中ですら「逸脱行為」と認めている箇所もありますよね。

ただし行政書士の資格は、転職を成功させることが出来る可能性が高い資格なのです。

数少ない「直接就職に有利になりやすい資格」ということです。

もちろん不動産業者などの企業内に就職するということにも開いての企業が「便利だな」と思ってくれやすい資格ではあります。

また後々の独立を考えたときにも、大変上手くもっていき様が出てきます。