資格といろいろな仕事

「実践的なスキルのほうが役に立つ」ということを現場で耳にすることが多くなりました。

その示すところは別に「資格がムダ」と言ってるのではなく、資格者があまりに増えすぎたということを言っているのでしょう。

資格があるけど未経験という人と資格がなくても経験豊かということであれば、当然即戦力となるのは「資格がなくても経験豊かな人」の方ですし、企業もそちらを選ぶでしょうね。

経験がある上に上資格を持っていれば、「求めることが出来る仕事の範囲が大きい」と判断してくれます。

「資格が有効に働く」ということでしょう。

しかし下位資格であれば「興味がある人間です」程度を示しているだけに過ぎず、たしかに「あまり役に立たない」といわれても仕方ないかもしれません。

スタートラインに立っているというだけに過ぎないのかもしれませんね。

だからといってもいらないわけではない。

経験者が優遇されるといっても、経験者ばかりを登用するようでは、次の世代が育ちません。

「どの方向に進みたいか」を明らかにしている若者に対しての道というのは、それなりに開かれているものです。

ですから経験を積んで自分がなりたい職業に付くためには、資格を取っておくということはやはり必要です。

「有効」ではありませんが「必要」。

資格は「もっと学びたい」という意思表示でもあるのです。

例えば国家資格を脈絡なく取得している人というのが、思ったほど珍重されないのは、ここに理由があります。

何の目的で取得したのかがわからなければ、「取得マニア」ということと受け取られても仕方ありません。

なんらかの脈絡というものが必要だと思います。

また学ぶための知識というのは、国家資格を取得するための勉強の中に含まれています。

「学ぶための基本」があるかどうかという判断が、この資格の取得で垣間見られるのです。

自分がしたい仕事に行き着くための、最初の一歩ということで受け止め、「就職に有利」ということであまり過大に期待しないほうがいいのかもしれません。

いまは「転職エージェント」「派遣コーディネート」などへの登録によって、色々と順を追って夢に近づいてゆくということが可能なのです。

派遣コーディネーターやキャリアコンサルタントなどの助言をもらいながら、今一番ニーズが高い資格や自分にあった資格などを知るということが「有効」なのではないでしょうか。